英語学習なら「武田塾English」徹底管理のコーチング式英語スクール
ABOUT US

武田塾Englishの特徴
武田塾Englishが生まれた訳と
選ぶべき理由。

背景画像

WHAT’S TAKEDAJYUKU ENGLISH

武田塾Englishって何?

YouTubeから始まった
英語スクール

2021年3月、“英語格差”をなくしたいという想いのもと、YouTubeチャンネル『武田塾English』がスタート。 英語学習や留学に関する情報発信を始めました。

その結果、多くの方より支持をいただき、武田塾Englishの校舎をつくって欲しいという声も多数いただきました。

撮影風景
カメラ機材

原点は、大学受験予備校の武田塾
“日本初!授業をしない塾”

"武田塾Englishは武田塾が始めたコーチング式英語スクールです。 大学受験予備校の武田塾は、“日本初!授業をしない塾”として、数々の生徒を逆転合格へと導いてきました。

武田塾English代表の井関はかつて逆転合格を成し遂げた武田塾の元塾生です。 また、大学受験のみならず、英語資格取得、海外大学進学、就職活動など様々な場面で武田塾のメソッドを応用してきました。 武田塾の核となっている自学自習の考え方は、英語学習においても必要不可欠です。 武田塾Englishでは、武田塾のメソッドを英語学習に最大限活用し、皆さんの英語学習をサポートします!

武田塾Englishロゴ
勉強風景

TAKEDAJYUKU ENGLISH
METHOD

武田塾Englishの特色

武田塾は授業をしない。
武田塾Englishももちろん

レッスンをしない。

レッスンをしない。

英会話スクールのレッスンは臨場感にあふれ、非常に分かりやすいと感じるでしょう。​
しかし、『わかる』と『できる』には大きな差があります。単語や英文法の示す意味が分かっても、自分自身で実際に英語を使ってみる(『やってみる』)時間を取らなければ、英語は上達しません。​
また、クラスメイトと足並みを揃え進んでいく、グループレッスンより、あなたの苦手や得意を把握した英語コンサルタントを独り占めして、自分のペースで勉強できる自学自習スタイルの方が、英語を効率的に習得することが可能です。​

わかっただけじゃ
全然足りない。
 

本当に「できる」
までやる、
自学自習を徹底管理

英語を勉強しているのに成績が上がらない、大人になって勉強し直したけれど成果がでなかったという場合、考えられる原因は2つあります。​
『学習方法が間違っている』もしくは、『学習の量が足りていない』です。​
英語に限らず何かを学習する場合、その過程は『わかる・やってみる・できる』という3つの段階に分けられます。この『学習の3段階』を1段階ずつクリアしていくことが、学習を成果に結びつけるカギになります。​

最強カリキュラム

また、学習を進めるなかで、いま自分がその3段階のどこにいるかを意識できれば、成果を出すために何が不足しているかを把握しやすくなります。『これで成果が上がるだろうか』という迷いを払拭して学習に集中し、学習効率を高めることができます。​ 武田塾Englishでは、参考書を使った最短最速のカリキュラムを提案します。また、毎日宿題を設定し勉強計画も立てていきます。毎週の確認テストやコーチング指導の時間を通して、あなたの自学自習を徹底管理していきます。​

自学自習を徹底管理

あなただけのオリジナルカリキュラムで
選ばれた参考書を
ガンガンやる。そして

1冊を完璧にする。

武田塾Englishで使用するのは、厳選された市販の英語参考書です。​
毎年、1000冊を超える語学系参考書が出版されます。​
しかし、その中から自分に合ったもの、また目標から逆算して網羅すべき知識が入ったものを見つけ出すのは至難の業です。​
武田塾Englishでは、皆さんの現状を把握したうえで、最適な参考書を提案します。​
また、武田塾では、参考書一冊を完璧にしてもらうことで生徒の学力を上げてきました。
​ 武田塾Englishにおいても、その武田塾イズムを継承し、英会話・TOEIC®・TOEFL®・IELTS®において、参考書を一冊ずつマスターしていただきます。​ ​

英語の悩み、学習の悩み、どんなことでも
プロに相談してみる

まずは、
無料カウンセリングに
応募する!

※オンライン受講も可能

OUR STRENGTHS

武田塾Englishの強み​

いつ、どんな自分になれるか
ゴールイメージを描けるので迷わない。

パーソナライズ
可能な​
最強の
カリキュラム。

市販の参考書から最短最速で英語力を伸ばすカリキュラムを作成しました。武田塾Englishでは本カリキュラムを基盤に個々の生徒に合わせた指導を行っていきます。本カリキュラムは第二言語習得研修(SLA)の知見を用いて設計され、科学的にも効果的に学習ができることを裏付けされています。また、4技能ごとに必要な参考書を選定し、参考書の効果を最大限に生かせるよう使用する順番も工夫されています。​
ただ決まったカリキュラムをこなすのではなく、生徒一人ひとりに対してじっくりとカウンセリングを行い、現在の実力分析とゴールを明確化したうえでカリキュラムは使用されます。​ ​

毎日1日単位でやるべきことを明確に指示。
だから迷っている暇がない。

毎日やることに
困らない
宿題ペース管理

指導報告書 毎日宿題が提示されます。それらはカリキュラムに基づき、何をどのように進めるかを1日単位のスケジュールに落とし込んで明確化されたものです。​
従来の英会話スクールだと、レッスンはしてくれますが、レッスン外で何を勉強すればいいかを詳細に示してはくれません。武田塾Englishでは、どの参考書のどの範囲をどのように勉強すべきか、毎日の勉強内容が具体的になっています。また、カリキュラムをパーソナライズし、生徒一人ひとりに合ったペースで宿題を設定していくため、計画的に勉強を進めることができます。資格取得など明確にゴールが決まっている方もそうでない方も、ゴールまでの道のりが可視化されることで学習意欲が高まり、学習が持続しやすい仕組みとなっています。​

学習に甘えが出るのを防止しながら
1冊を完璧に仕上げる

絶対にサボれない
確認テスト。

武田塾Englishでは、1週間に1度、カリキュラムに沿った宿題範囲から確認テストが実施されます。確認テストでは、毎週設定される宿題範囲からコンサルタントが選定した問題がランダムに出題されます。​
ここでは、コンサルタントと決めた学習計画が問題なく遂行されたか、また、誤った勉強法で進んでいないかをチェックします。参考書で学んだ内容や、コンサルタントからもらったアドバイスを正しく理解し、アウトプットできているかを確認することによって、『学習の3段階』の『やってみる』を実現します。​
完成度が低かった場合は、翌週も同じ範囲をやり直していただきます。参考書一冊が完璧になるまで確認テストでの刈り取りは継続されます。​

厳しい採用基準を満たした
専属コンサルタントのきめ細やかな

武田塾式
「コーチング指導」。

毎週、確認テストを受験後、コーチング指導を受講していただきます。確認テストの結果のみならず、コンサルタントが1週間の宿題範囲が完璧に理解できているか様々な角度から確認したうえで翌週の学習計画を決めていきます。自学自習のフィードバックを行いつつ、適切なトレーニング方法を提案したり、生徒が抱える悩みをヒアリングしたりします。さらに、コーチング指導を通じて、課題を洗い出し、行動改善するための具体的なアクションを提案します。​

音読やシャドーイングのやり方など、英会話トレーニングに関する一般的な習得法を教えてくれるスクールは多いです。しかし、お客様がつまづいているのは意外にもその手前だったりします。​
「単語が覚えられない」​「英単語が覚えられない」​「英文を読むというイメージがつかめない」などなど。​
武田塾Englishのコーチング指導では、そんなあなたの繊細なお悩みに対しても寄り添います。​

コーチング指導

オンライン
サポート
&義務報告
オプション​

オンラインサポート$義務法広告オプション

を活用することで随時対応し、皆さんの不安を解消します。
※義務報告受講者は毎日の勉強報告が必須となります。また、コンサルタントも毎日進捗を確認します。

課題添削サービス

ライティングやスピーキング対策をしていく際には、コーチング指導以外の時間で課題を提出していただき、添削をさせていただきます。
課題をいつ・どのように行うかも指定し、添削内容に合わせてコーチング指導も行っていきます。​

オンラインサポート

4 SKILLS STUDY METHOD

英語学習に必要不可欠な4技能

Reading

Reading 単語、熟語、文法、構文の
4つを学習すれば
長文はかなり読める。

「リーディング」と聞くと、洋書などの長い文章を読み解いていく長文読解を思い浮かべますが、早い段階から長文を読んで解釈していくのは時間がかかるわりに成果が上がりにくく、効率の良い学習方法とは言えません。
長文のひとつの文はそれほど長くありません。さらにひとつの英文を構成している要素は、おおまかに分けて、単語、熟語、文法、構文の4つだけです。この4つさえしっかり学習すれば、それだけで長文がかなり読めるようになります。

Reading

Listening

Listening 聞き取れない理由は2つ。
あなたの理由はどっちですか?

英語の音声が聞き取れない場合、考えられる理由は2つ。
ひとつは知らない単語がたくさんある場合。その場合はリスニング学習をするよりも、リーディングの学習に戻って、もっと単語を覚える必要があります。
もうひとつの理由としては、日本語にはない英語の音が聞き取れていないことが考えられます。知らない単語はほとんどないのに英語が聞き取れない場合は、「耳を鍛える」ことが最大のポイントとなります。

Listening

Writing

Writing まずは基本となる
英文のパターンを覚えてしまう。

英検®1級レベルになると、英語で考えて英語で書けるようになりますが、それまでは日本語で考えてから英訳していくことになります。
まずは和文英訳が完璧にできるよう、まず和文英訳の参考書を使って応用のきく英文のパターンを覚えること。
もちろん同じ事を意味する表現方法は多数あり、状況に応じてより的確な表現ができるに越したことはありませんが、まずは基本となる英文の型をある程度覚えてしまえば、たとえ少々まわりくどい表現であっても、その型を応用することで書きたいことがほとんど書けるようになります。

Writing

Speaking

Speaking まずは上の3技能のスキル。
次に口頭で和文英訳を
瞬時にできるようにしていく。

スピーキングは、上の3技能がある程度のレベルに達してから取りかかります。まずライティングで行った和文英訳を口頭で瞬時にできるようにしていきます。次に会話特有の表現を覚え、発音を改善したら、いよいよ実践。英語話者を相手に集中的に話す時間を設け、会話練習の積み重ねを通じて、話せる、通じる、コミュニケーションできる、というレベルにまでスピーキング力を強化します。そこから先はネイティブに近いレベルを目指して、自然な英語表現の幅を広げていきます。自信を持って、どんどん会話にチャレンジしましょう。

Speaking

英語の悩み、学習の悩み、どんなことでも
プロに相談してみる

まずは、
無料カウンセリングに
応募する!

※オンライン受講も可能

SUPPORT

受講の流れ

(1)無料カウンセリング

noimg

無料カウンセリングでは、あなたの抱えている英語学習に関する課題を分析・特定します。その上で、武田塾Englishのノウハウをもとに、あなたが目標を達成するために必要な勉強量・内容等を具体的に提案させていただきます。

(2)受講開始

noimg

あなたの目標や目的に沿った、カリキュラム・コンサルタントの選定を行います。また、これから使用する参考書のご準備を頂きます。

(3)初回特訓

noimg

これからの勉強計画の確認や、参考書の使い方、武田塾English流勉強法等をレクチャーさせていただきます。

(4)毎日の自学自習

noimg

特訓で指定された範囲の宿題を自学自習で進めます。困ったときはオンラインサポートで不明点を潰したり、勉強法で悩んだ時もお気軽にコンサルタントへ質問ができます。

(5)週1回の確認テスト+コーチング指導

noimg

予めお約束させて頂いた固定日と時間に、1週間の自学自習の振り返りとして確認テストを受験していただきます。その結果を踏まえて、あなたの担当コンサルタントのよる1対1のコーチング指導を行います。英語の知識の確認だけではなく、勉強計画の進捗やモチベーションコントロールについても触れていきます。

※以後、受講終了まで(4)~(5)が繰り返し行われます。

90minFREE

90分間、英語学習についてのどんなお悩みにも無料でお答えします。
英語学習って何から始めればいいの?
TOEICで高得点を取るにはどうやって勉強すればいいの?
勉強しているのに英語ができるようにならない・・・

このようなお悩みがある方は是非お気軽にお申し込みください。
講座や申込に関するお問い合わせでなくても大歓迎です。

英語の悩み、学習の悩み、どんなことでも
プロに相談してみる

まずは、
無料カウンセリングに
応募する!

※オンライン受講も可能

TOPへ戻る