英語学習なら「武田塾English」徹底管理のコーチング式英語スクール
武田塾English本部

英検Ⓡの合格最低点や対策は?級別にご紹介!

こんにちは!
武田塾English本部の天野です。
本日のブログでは、英検Ⓡ(実用英語技能検定)の1次試験・2次試験の合格基準について各級別に詳細な情報をお届けします!

英語学習を始めた方、また、これまで頑張ってきた成果を見える化したい方は、手始めに英検Ⓡ受験に挑戦してはいかがでしょうか?

今回は、受験者数の多い、英検Ⓡ3級~準1級までに絞ってまとめています。
それ以外の級についても武田塾Englishでは指導を行っています!
興味のある方は、校舎までお問合せ下さいね。

英検Ⓡの合格基準と注意点について

英検Ⓡでは、各級において合格基準スコアが固定されています。
これは、英検ⓇCSEスコアと呼ばれ、違う回に同じ級を受験した人の結果や、同じ回に別々の級を受験した人の結果が比較できるようになっています。このCSEスコアは、過去の英検のテスト結果より協会が算出しています。
そのため、複数回同じ級を受験し、正答数が同じであっても、算出されるスコアはその回の受験者全体の結果によっても異なるんです!!

▼各級ごとに固定されているCSEスコア

正答数の目安は、明確に定義できませんが、
例年、2級以下の級では各技能(RLWS)が6割程度
準1級以上では7割程度の正答率を出せた受験生が合格できています!

英検Ⓡ3級の概要と対策(満点:550点)

▼一次試験(筆記試験)の形式 ※筆記(50分)・リスニング(約25分)

※一次試験における配点、各1点
※目安としては、3級は「中学卒業程度」

3級では、合格する多くの受験生が問題数が多く、語彙や文法もまだ易しいリスニングで点数を稼ぐ傾向があります!実は、リーディングが苦手で4~5割程度しか取れないという場合でも、リスニングで8~9割と高く得点できる場合は勝算があるんです。

▼二次試験(面接)の形式 ※英語面接(約5分)

面接は、とにかくはきはきと自信を持って答えることを意識しましょう。
3級レベルの面接では英会話の基礎中の基礎を問われています。流ちょうに話すことよりも、英語を使って話そうと意欲的であるかなど姿勢も見られます。
特に音読練習はしっかり行いましょう!抑揚をつけて読んだり、三単現のsや過去形の語尾の音まで正しく発音できるように準備します。

英検Ⓡ準2級の概要と対策(満点:600点)

▼一次試験(筆記試験)の形式 ※筆記(75分)・リスニング(約25分)

※目安としては、準2級は「高校中級程度」

準2級からライティングが少しバージョンアップします。それまではあなた個人に関する好きや嫌いを問うものでした。正直、あまり対策していなくても試験当日にこたえられるようなカジュアルな質問も多いです。
しかし、準2級からは、インターネットの利用やゴミ問題など社会問題を取り扱った意見文のようなテーマに変わります。ここでライティングの対策をしっかりしていないと、点数を落としてしまいます。参考書で取り扱われているテーマに沿って、自分ならイエス・ノーどちらか予め考えを整理して理由についても書きやすいものをある程度、ピックアップしておきましょう。

▼二次試験(面接)の形式 ※英語面接(約6分)

3級と同じく、英語を使う意欲を見せる事、また、自由回答・意見についても、事前に質問を想定して、自分にとって答えやすい言い回しや表現を決めて置き、そのパターンを使いまわして突破しましょう。

英検Ⓡ2級の概要と対策(満点:650点)

▼一次試験(筆記試験)の形式 ※筆記(85分)・リスニング(約25分)

※目安としては、2級は「高校卒業程度」

2級になると、リーディングでうまく得点できず不合格となってしまう受験生が多いです。準2級以下の級ではリスニングでリーディングをカバーし、だましだまし進めていると、、、ここでリーディングが尾を引いてしまいます(;’∀’)
2級は高校卒業レベルの語彙・文法レベルを要します。つまり、大学受験レベルです!
そう考えると、やはり侮れません。選択肢もこれまで2つまで切れたところが、しっかりと単語帳や文法書をこなしていなければ、見たこともない知らない語彙が出て来た!なんてこともあります。
勉強計画をしっかりと立てて、6割前後は獲得できるようにしましょう。
また、長文読解は時間が足りなくなってきた・・・という人も増えます。事前勉強の段階からストップウォッチを使い、時間を意識した準備を心がけましょう。

▼二次試験(面接)の形式 ※英語面接(約7分)

準2級から大きく変化はありませんが、イラスト問題が3コマ漫画についてのストーリーを英語で説明するというものに変わります。各コマを英語で説明することはできるけど、起承転結をつけて、ストーリーにするのが最初は難しく感じるかもしれません。事前によく準備しておきましょう!

英検Ⓡ準1級の概要と対策(満点:750点)

▼一次試験(筆記試験)の形式 ※筆記(90分)・リスニング(約30分)

※目安としては、準1級は「大学中級程度」

準1級になると、語彙レベルがグッと上がります。
ここからは英語を武器にしたい!英語が得意だから力を試したい!という人がチャレンジするステージに入ります。合格者の正答率も7割を超えていますので、各技能ごとにスコアにムラがある人は足を引っ張っている技能を優先して取り組みましょう。
リスニングではリアルライフという海外の生活環境に根差した問題が出題されます。予想問題集で独特の表現や言い回しが出てきたらチェックしておきましょう!

▼二次試験(面接)の形式 ※英語面接(約8分)

流ちょうに英語を使えるというところまで問われるレベルです。
回答パターンを準備するのはもちろんですが、表現が稚拙になっていないか、フォーマルな受け答えができているかなどにまで気を遣いましょう。
また、友人や講師など面接官役になってもらえる人を探して、相手がいる状態で練習することを強くおススメします!話している時に無駄な間が出来てしまったり、スムーズに理由や考えの根拠が説明できない場合も厳しく減点されますので注意しましょう。

最後に・・・

ブログを最後までご覧いただきありがとうございました!
武田塾Englishでは、英語学習にお悩みの皆さんに寄り添いつつ、英語学習を超えて、汎用性のある学習ノウハウを提供しています。
英検Ⓡについてもオススメの参考書紹介や各級別の対策に関する動画を多数公開しています!!
ぜひ、ご活用くださいね。


武田塾Englishは、英会話スクールに依存することなく、生徒一人ひとりが自分に合った学びのかたちを見つけることが、目標達成の鍵だと信じています!

武田塾Englishの指導やカリキュラムについては、こちらからご確認いただけます!

武田塾Englishでは、皆さんのお悩みをヒアリングしアドバイスをさせていただく無料カウンセリングを実施しています。ご希望の方はこちらからお申し込みくださいね(^▽^)

校舎画像

武田塾English本部

英語スクールをお探しの方、逆転合格で有名な武田塾の
学習メソッドを活かしたコーチング式英語スクール武田塾ENGLISHでは、
最短ルートを、「わかる」だけではなく「できる」まで徹底指導。

武田塾English本部のブログ一覧を見る

90minFREE

90分間、英語学習についてのどんなお悩みにも無料でお答えします。
英語学習って何から始めればいいの?
TOEICで高得点を取るにはどうやって勉強すればいいの?
勉強しているのに英語ができるようにならない・・・

このようなお悩みがある方は是非お気軽にお申し込みください。
講座や申込に関するお問い合わせでなくても大歓迎です。

英語の悩み、学習の悩み、どんなことでも
プロに相談してみる

まずは、
無料カウンセリングに
応募する!

※オンライン受講も可能

TOPへ戻る