英語学習なら「武田塾English」徹底管理のコーチング式英語スクール
武田塾English本部

TOEIC満点目指す意味はない?こだわらなくてよい理由とは?

就職や転職にアピールできる資格として有名なTOEIC L&R試験。「TOEICスコア満点です!」という人がいると単純に憧れちゃいますよね。「なれるものなら、なってみたい!」と思うものです。

でも満点を取るのは至難の業。かなりの努力を要します。満点スコア取得者は何人ぐらいいるのでしょうか。

情報が開示されておらず正確な人数はわかりませんが、全体の0.3%程度といわれています。TOEICの問題はビジネスシーンを題材にしているので、帰国子女でもなかなか満点は取れないといいます。

仮に猛勉強して満点を取ったら、一体どれだけのメリットがあるのでしょうか。

TOEIC L&R満点スコアが企業でどれくらい評価されるのか気になるところですが、実は満点スコアにあまり大きなメリットはありません。満点でなくても、十分評価されるのです。

TOEIC満点990点にこだわらなくてもいい

就職や転職のアピールポイントにしたいのであれば、TOEIC満点にこだわる必要はありません。

企業が採用活動する際にどのくらいのスコアを基準にしているのか、TOEIC Programを運営している国際ビジネスコミュニケーション教会(IIBC)の調査を元に解説します。

就職や転職ならTOEIC545〜620点あればOK

実は企業が採用時に基準としているTOEIC L&Rスコアは、新卒採用で545点、英語を使用する部署の中途採用で620点なのです。

当然、海外企業と業務提携をしている、もしくは海外に支社をもつ企業の場合、高いスコアを求めています。例えば、2012年から社内の公用語が英語となり話題となった楽天では、新卒は入社までに800点取得することが必要です。

出典:企業・団体が求めるTOEIC Programスコア(https://www.iibc-global.org/library/default/toeic/official_data/lr/katsuyo_2019/pdf/katsuyo_2019_corpo.pdf)

海外出張や海外赴任はTOEIC620点〜

海外出張や海外赴任に求められるスコアは、620点以上です。つまりこのぐらいの点数があれば、企業は英語を使う業務を任せられると判断しているのです。

実際のところ高得点でなくても、実践的な英語力があれば海外出張先や赴任先で十分活躍できます。

ただし、企業によっては海外駐在員や出張者の選考時にTOEICスコアが指標になっている場合があります。海外駐在や出張を希望しているならば基準スコアを満たしておく必要があります。

出典:企業・団体が求めるTOEIC Programスコア(https://www.iibc-global.org/library/default/toeic/official_data/lr/katsuyo_2019/pdf/katsuyo_2019_corpo.pdf)

それでもTOEIC高得点目指す勉強法は?800点以上を狙うオススメ参考書

満点スコアは目指さなくても、800〜900点以上取得したい人にオススメなのが、TOEIC公式参考書TOEIC® Listening & Reading 800+です。TOEICL&Rのスコアが既に600点以上の方に適しています。

TOEIC® Listening & Reading 800+がおすすめな人

  • TOEIC L&Rが600点以上
  • 800点を突破できる難問を効率よく解きたい
  • 実際の公開テストに近い問題を解きたい

おすすめポイント

  • 難問パターンを習得できる
  • 解説がわかりやすい
  • 本番試験をシミュレーションできる

TOEIC800点突破のための難問パターンがわかる

800点を突破できる問題がどのような問題なのか、肌で感じることができます。

過去問から正答率が低い問題(10〜40%)を難問として厳選。各パートごとに難問の傾向とそれに対する対策が解説されています。難問パターンをつかめば、本番の試験でも気持ちに余裕を持って解くことができるようになります。

​​​​難問には冠マークの「難問アイコン」がついています。上級者にとって総合問題集で既に解ける問題を解くのは非効率ですが、この問題集なら「難問アイコン」がついた問題だけ解くだけでも十分スコアアップが期待できます。

難問の解説がわかりやすい

TOEICで高得点を狙うなら、それぞれの選択肢がなぜ正解なのか不正解なのか理由を説明できるレベルを目指すべきです。

正解以外の選択肢がなぜ間違いなのか、受験者がよく引っかかるポイントも詳しく解説されています。

本書は問題に出てくる頻出単語も解説にまとめられており、わからない単語を辞書で調べる手間が省けます。

本番と同じTOEIC L&Rテストが体験できる

本番形式テスト200問で、本番と同じテストをシミュレーションができるのも魅力の一つ。TOEICを運営しているETSが作成した問題なので、リスニング問題の音声も本番と同じ公式スピーカーによるもの。まさに本番と同等の条件で学習できます。

TOEICの試験時間は2時間で、リスニング(45分間)とリーディング(75分間)に分かれています。問題数は200問。2時間で200問に解答することになります。

本番では時計を見て時間を計る暇はありません。各パートの時間配分を体に覚え込ませる必要があります。例えばパート5の短文穴埋め問題の場合、1問20秒以内に解答しなければ全問解くことが難しいのです。

2時間という長時間の試験であるため、集中力を維持しながら問題を解く力も求められるでしょう。本書は、本番試験直前に各パートの時間配分を確認するにはピッタリな参考書です。

TOEIC満点スコアにこだわらずに本質的な英語力を身につけよう

英語講師、翻訳者や通訳者など英語を専門とした職業では、TOEIC990点の肩書きが威力を発揮する場合があります。また就職や転職でも満点取得者は一目置かれるかもしれません。

しかし、企業が社員に求めるTOEICスコアを見ると、ほとんどの人にとって満点を目指す必要性は感じられません。

TOEICはあくまで資格です。満点だからといって実際のビジネス現場で通用する英語力も十分とは限りません。満点を取ることを目標にしてしまうと、ただの資格マニアになってしまいます。

ついスコアばかり注目してしまいますが、本質的な英語力が身につくように英語の4技能をバランスよく高めることにフォーカスしましょう。

TOEIC満点目指す意味ないの?こだわらなくても良い理由とは?

就職や転職にアピールできる資格として有名なTOEIC L&R試験。「TOEICスコア満点です!」という人がいると単純に憧れちゃいますよね。「なれるものなら、なってみたい!」と思うものです。

でも満点を取るのは至難の業。かなりの努力を要します。満点スコア取得者は何人ぐらいいるのでしょうか。

情報が開示されておらず正確な人数はわかりませんが、全体の0.3%程度といわれています。TOEICの問題はビジネスシーンを題材にしているので、帰国子女でもなかなか満点は取れないといいます。

仮に猛勉強して満点を取ったら、一体どれだけのメリットがあるのでしょうか。

TOEIC L&R満点スコアが企業でどれくらい評価されるのか気になるところですが、実は満点スコアにあまり大きなメリットはありません。満点でなくても、十分評価されるのです。

最後に・・・

最後までご覧いただきありがとうございました!
TOEICⓇについて、理解を深めていただけたでしょうか?

メリット・デメリットを知ったうえで、勉強を開始すれば、モチベーションも最後までキープしたまま、試験当日を迎えられるでしょう。

今回のトピックに関連した動画はこちら!「TOEIC」のそれぞれの頭文字って知ってますか!?それをしれば英語学習の本質がわかるでしょう!

今回紹介した参考書の解説はこちらから!

TOEIC満点を、または高得点を目指す勉強法やマインドはこの動画から確認してみてください!実際にTOEIC満点講師が解説しています!

TOEICⓇについてもっと詳しく知りたい!?

武田塾Englishは、英会話スクールに依存することなく、生徒一人ひとりが自分に合った学びのかたちを見つけることが、目標達成の鍵だと信じています!
また、TOEIC対策をはじめ、幅広い英語資格試験の準備に対応しています。

武田塾Englishの指導やカリキュラムについては、こちらからご確認いただけます!

武田塾Englishでは、皆さんのお悩みをヒアリングしアドバイスをさせていただく無料カウンセリングを実施しています。ご希望の方はこちらからお申し込みくださいね(^▽^)

武田塾EnglishではYouTubeチャンネルで、英語学習者に有益な情報を無料配信しています!
動画は5~10分で視聴

校舎画像

武田塾English本部

英語スクールをお探しの方、逆転合格で有名な武田塾の
学習メソッドを活かしたコーチング式英語スクール武田塾ENGLISHでは、
最短ルートを、「わかる」だけではなく「できる」まで徹底指導。

武田塾English本部のブログ一覧を見る

90minFREE

90分間、英語学習についてのどんなお悩みにも無料でお答えします。
英語学習って何から始めればいいの?
TOEICで高得点を取るにはどうやって勉強すればいいの?
勉強しているのに英語ができるようにならない・・・

このようなお悩みがある方は是非お気軽にお申し込みください。
講座や申込に関するお問い合わせでなくても大歓迎です。

英語の悩み、学習の悩み、どんなことでも
プロに相談してみる

まずは、
無料カウンセリングに
応募する!

※オンライン受講も可能

TOPへ戻る