英語学習なら「武田塾English」徹底管理のコーチング式英語スクール
武田塾English新宿校

英語学習初心者におすすめの海外ニュースサイト

こんにちは!

武田塾Englishの上間です。

今回は主にビジネス英語を伸ばしたい方向けに、おすすめのサイトをご紹介したいと思います。

ビジネスマンの間では、EconomistやThe New York Timesなどが人気ですが、比較的高度な内容かつ文語体なので実践英会話として使う頻度が少なく、挫折される方も多いと思います。

しかし、本日ご紹介するサイトは楽しみながら短時間で効率的に学べるので、ぜひチェックしていただけたら嬉しいです。

VOA Learning English

アメリカ国営ラジオ放送局VOA(Voice of America)が、非ネイティブスピーカー向けに制作している英語学習サイト。最新ニュースを分かりやすく、ゆっくりとした英語で伝えている初心者にやさしいのが特徴です。文章は長めですが、全文スクリプト付きなので多読多聴の教材にも適しています。

ただし、ニュースを読み上げるスピードがゆっくりなので、上級者には物足りないと感じるかもしれません。

VOA Learning English

引用:https://www.voanews.com/

初級者には:Beginning Levelがおすすめ

Beginning LevelはLevel1とLevel2で分かれており、どちらも米国教員資格を持った先生方が作ったコースとなっています。動画は1本5分程度、米国の20〜30歳代の日常がテーマです。

Level1では自己紹介や電話のかけ方、職場での同僚との会話などが紹介されているほか、発音指導の動画やリスニングクイズなどもあり、楽しみながら英会話の基礎を習得できます。

Beginning Level

引用:https://www.voanews.com/

中級者には:Intermediate Levelがおすすめ

Health & Lifestyle、Science & Technology、Arts & Cultureなどコースが複数ありますが、English in a MinuteとEveryday Grammar TVの2つを視聴するとよいでしょう。

動画は1分程度、日常会話で使われるイディオムなどが紹介されています。ビジネスではややカジュアルな表現も多いですが、説明がリスニングのトレーニングにもなるのでおすすめです。

Intermediate Level

引用:https://www.voanews.com/

Newsela

英文記事を無料で読めるアプリ。

基本的にはネイティブの子供が対象で、全米の90%以上の学校で教材として取り入れられています。

取り扱っている分野が幅広く、読者の英語レベルに合わせて記事の難易度 (語彙や表現など) を変えることができるのが魅力の一つです。

Newsela

引用:https://newsela.com/content/browse/browse-home/ckwcbbrdi000j3e65emu63479/

一つの記事に対して5段階の語彙レベルで読むことができ(下記記事だとMAXが一番難しく、600Lが一番やさしい)、初級者から上級者までトレーニング可能です。記事を読んだ後は内容を正確に理解したかチェックできる小クイズも用意されているので、モチベーションを維持しやすい教材でもあります。

引用:https://newsela.com/content/browse/browse-home/ckwcbbrdi000j3e65emu63479/

ビジネスマンは特に経済、世界動向に関する記事を読むとよいでしょう。

記事の文字数が少ないほどシンプルな単語が使用されており、文字数が増えるほど原文に近くなります。少し難しいと感じる文字数で読み、理解できなかった箇所を少ない文字数のモードで読んでみると非常にリーディングの練習になります。

引用:https://newsela.com/content/browse/browse-home/ckwcbbrdi000j3e65emu63479/

News in Levels

Newsela同様、英語レベルを変えてニュースが読めるサイトです。

Newselaはネイティブの子供向けですが、こちらは英語学習者向けに作られたニュースとなっています。

ニュース内容は国際情勢や事件、災害などといった難易度が高いものから、エンターテインメントまで幅広く揃えられています。トピックも頻繁に更新されるので、飽きずに読めるのも特徴です。

News in Levelsでは、同じ内容の記事を初級、中級、上級の3段階で調整できるようになっており、音声付きなのでリスニングやシャドーイング教材としても使うことができます。

News in Levels

引用:https://www.newsinlevels.com/

レベルは青いボタンで変更できます。

Level 1 = 初級
Level 2 = 中級
Level 3 = 上級

レベル1の記事

News in Levels

引用:https://www.newsinlevels.com/

レベル2の記事

News in Levels

引用:https://www.newsinlevels.com/

レベル3の記事

News in Levels

引用:https://www.newsinlevels.com/

記事からも分かるように、
Level 1は簡単な構文・表現が多く、一文も短く読みやすい。
Level2、Level 3は様々な英語表現が用いられ、単語も難しいものが多くなっております。

いかがだったでしょうか。

ハードルが高い印象がある英字ニュースですが、このように自分のレベルに合わせて読むこともできますので、ぜひ試していただけたらと思います。

校舎画像

武田塾English新宿校

英語スクールをお探しの方、逆転合格で有名な武田塾の
学習メソッドを活かしたコーチング式英語スクール武田塾ENGLISHでは、
最短ルートを、「わかる」だけではなく「できる」まで徹底指導。

武田塾English新宿校のブログ一覧を見る

90minFREE

90分間、英語学習についてのどんなお悩みにも無料でお答えします。
英語学習って何から始めればいいの?
TOEICで高得点を取るにはどうやって勉強すればいいの?
勉強しているのに英語ができるようにならない・・・

このようなお悩みがある方は是非お気軽にお申し込みください。
講座や申込に関するお問い合わせでなくても大歓迎です。

英語の悩み、学習の悩み、どんなことでも
プロに相談してみる

まずは、
無料カウンセリングに
応募する!

※オンライン受講も可能

TOPへ戻る